こどもにはコードよりメロディからでもOK

  • 2019.04.16 Tuesday
  • 20:58

JUGEMテーマ:ウクレレ

 

ウクレレを初めて習う時、よく「簡単な3つのコードから教えます」という

ことがあります。

例えば、C、F,G7の3つのコードの押さえ方を教わって、

その3つのコードだけで弾ける曲の伴奏をしながら歌う、というやり方です。

 

これは、大人の場合は、手っ取り早く楽しめてよい方法です。

 

しかし、小学校に入りたてくらいのこどもたちにとっては、

Fというコードでも、2弦と4弦を一度に押さえるには、

指の長さが足りなくて、難しい、ということが、よくあります。

 

握力も足りないので、複数の弦を押さえると、弦をしっかり押すことができず

綺麗な音が出ません。

 

そうなると、ウクレレの持っている本来の音色が出ないし、

コードの和音の響きも感じられません。

これでは、楽しいと思えません。

 

それよりも、単音で、ドレミを教えたほうが、1つずつ、弦を押さえるので

力も入りやすく、ちゃんと音程が聞こえるので、音楽を奏でている感触が

得られやすいです。

 

「ウクレレが初めての人は簡単なコードから!」という発想を捨てて

「単音でメロディを鳴らしてみることから!」というやり方も

小さな子供にウクレレを教える際には、有効です。

 

手の大きさ、指の長さには個人差があります。

無理にコードを弾かせて、ウクレレが嫌になってしまうよりは、

最初は、メロディばかり弾かせても良いと思います。

 

だいたい、3年生くらいになると、はじめはメロディしか弾けなかった子も

コードを鳴らせるようになってきます。

(1,2年生でも、本人の意欲や、手の大きさによっては、早々にコードも弾けてしまう子もいます)

 

小さなお子様には、焦らず、気持ちよい音の出せる方法から教えるのが

よいと思います。

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM