熊本の旅 1

  • 2016.07.12 Tuesday
  • 15:54


1日目は市内のさくらんぼ保育園を
会場に、くまレレというウクレレ
イベントに出演してきました

 

数百人の参加者で熱気むんむん!

行くまでは、地震からの復旧状況は
どうなんだろう、
皆さん大変な時に、
私がウクレレ弾きに行っても
かえってお邪魔かも、と
ためらいもありました。

実際、着いてみると熊本の町は、
ほとんどの場所が平常の生活に戻っている
ようにも見えました。
しかしまだ、ブルーシートで屋根を覆った
お宅も点在します。
ホテルの窓から見えた熊本城も
上部は元の姿でしたが
下の方は崩れて、青いシートが
かかっている様子が見えました。

イベントの主催者の皆さん
出演している皆さんの多くが
地震で被災しています。1カ月も
テント生活をされていた方もいます。
会場になる予定だった動植物園は
液状化で使用できなくなりました。

それでも、くまレレは中止しない、と
決断し、代わりの会場を探し回って
さくらんぼ保育園をお借りして
開催へこぎつけたのでした。

震災から3カ月。
語り切れない苦労があったと思います。

それなのに、私や他のゲスト演奏者の方々を
「来てくれてありがとう」と笑顔で
迎え、喜んでくれました。
様々な温かいお気遣いも受けました。
ご自身が大変な時に、外からの人を
受け入れる心の余裕と懐の深さ。

熊本の皆さんの強さと温かさを
感じました。

私はどんな演奏をしたらいいんだろう?

ステージに立つ前、不安でした。

いろんな思いはあるけれど
それを言葉ではうまく言えない。

「悲しみの数を言い尽くすより
同じくちびるで そっと歌おう」という
私の好きな歌の歌詞のように。

のほほんと、軽やかに、歌い
愉快に、ふわふわと、踊って、
それで皆さんに笑ってもらえたらいいな。

そんな演奏をしました。

終わった後、たくさんの方々に
「良かった、また来て下さい」と
声を掛けてもらいました。

それで、ああ、来てよかったんだ、とホッとしました。

小さな力だけど。
輪をつなぐパーツのひとつになれたかと思います。

日本各地のゆるキャラが集まり、くまモンと一緒に

くまモン体操を踊り、熊本を応援

 

アイリーウクレレクラスの方々のステージにも1曲参加させていただきました。

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM