こどもにはコードよりメロディからでもOK

  • 2019.04.16 Tuesday
  • 20:58

JUGEMテーマ:ウクレレ

 

ウクレレを初めて習う時、よく「簡単な3つのコードから教えます」という

ことがあります。

例えば、C、F,G7の3つのコードの押さえ方を教わって、

その3つのコードだけで弾ける曲の伴奏をしながら歌う、というやり方です。

 

これは、大人の場合は、手っ取り早く楽しめてよい方法です。

 

しかし、小学校に入りたてくらいのこどもたちにとっては、

Fというコードでも、2弦と4弦を一度に押さえるには、

指の長さが足りなくて、難しい、ということが、よくあります。

 

握力も足りないので、複数の弦を押さえると、弦をしっかり押すことができず

綺麗な音が出ません。

 

そうなると、ウクレレの持っている本来の音色が出ないし、

コードの和音の響きも感じられません。

これでは、楽しいと思えません。

 

それよりも、単音で、ドレミを教えたほうが、1つずつ、弦を押さえるので

力も入りやすく、ちゃんと音程が聞こえるので、音楽を奏でている感触が

得られやすいです。

 

「ウクレレが初めての人は簡単なコードから!」という発想を捨てて

「単音でメロディを鳴らしてみることから!」というやり方も

小さな子供にウクレレを教える際には、有効です。

 

手の大きさ、指の長さには個人差があります。

無理にコードを弾かせて、ウクレレが嫌になってしまうよりは、

最初は、メロディばかり弾かせても良いと思います。

 

だいたい、3年生くらいになると、はじめはメロディしか弾けなかった子も

コードを鳴らせるようになってきます。

(1,2年生でも、本人の意欲や、手の大きさによっては、早々にコードも弾けてしまう子もいます)

 

小さなお子様には、焦らず、気持ちよい音の出せる方法から教えるのが

よいと思います。

演奏もやっぱり、「弾く」より「聴く」

  • 2019.04.15 Monday
  • 20:44

JUGEMテーマ:ウクレレ

 

ウクレレの練習をする前に、弾こうとする曲の原曲や模範演奏を

よく聴いた方がいい、と先日書きましたが、

バンドメンバーとの練習や、ステージでの演奏の時もやはり

「聴く」ことは「弾く」こと以上に大事です。

 

バンドで演奏している時、テンポは速くないのになぜか

急いで聞こえることがあります。

そういう時、実はメンバーがお互いの音を聴き合っていないことが

あります。

自分の演奏に夢中で、周りに注意を向ける余裕がないのです。

テンポがどんどん速くなってしまうこともあります。

それも、同じように、周りの音を聴く余裕がないのが原因です。

 

ここで、難しいのが、実は「聴く」には、演奏にゆとりが

ないとできない、ということです。

 

1人で練習する時は、メトロノームやリズムマシンなどを聞きながら

弾くようにしましょう

そうすると、普段から、「弾きながら聴く」というクセがついてきます。

聴きながら弾いて、さらに、演奏力自体も上がれば、

演奏に余裕が出て、一層「聴く」ことが上手になります。

 

演奏している時の、理想的な状態は、自分が音を出す側ではなくて

音楽を聴いている観客の側であるかのように、音を聴きながら演奏している状態です。

 

メトロノームやリズムマシンを使うのが良いことは分かっているけど

ついつい、面倒で、使わないで練習している、という方、

多いと思います。

 

もったいない!!!

 

テンポを保つというだけでなく、「聴く」練習になりますから

これからは絶対に、使ってくださいね!

メトロノームの音も、1つの楽器の音のように聞いて

その楽器とセッションしているように、自然に乗れたら、なお良いです。

続ければ、間違いなく効果があります。

 

 

 

練習は弾くよりも「まず 聴く」

  • 2019.04.14 Sunday
  • 23:06

JUGEMテーマ:ウクレレ

 

ウクレレを習いに来ている生徒さんに、普段どんな音楽を聴きますか?と聞いてみると

「あまり音楽を聴かない」という方が、少なからずいらっしゃいます。

 

とっても練習熱心な年配のご婦人がいらっしゃいます。

毎日寝る前に1時間くらい練習しているそうです。

 

でも、音楽は普段聞いていない、とのこと。

 

楽譜だけ見ていても、どんな音を出したらいいのか、どんな表現をしたらいいのかは

分かりません。

 

いろいろな音楽を聴いて、どんな音色を出したいのか、その曲をどういう風に

表現したいのか、というイメージがあるかないかによって

練習の効果に差が出ます。

 

ポップスやジャズなどをウクレレでアレンジしたものだけを聴いて

それを弾いてみようとする方も多いです。

そういう方には、まず元の曲を聴いて、何を表現している曲なのか

つかんでもらうように進めています。

ウクレレ演奏用にアレンジされたものは、元の曲とは

違う印象のものも多くあるので、原曲を知らないと解釈を誤る危険があります。

 

自分が演奏する前に、聴くこと、

ただ聞き流すのではなく

深く聴くこと、理解すること は、とても大切だと思います。

 

ぜひ、試してみてください。

今までなんとなく音楽を聞いてきた耳と、

本当に「聴く」ことに力を入れてからの耳とでは

聞こえ方が変わってきます。

 

それは、絶対に演奏力にも良い影響を与えます

 

 

GとEmって意外と難しい!

  • 2019.04.13 Saturday
  • 14:22

JUGEMテーマ:ウクレレ

 

ウクレレを弾いていて、どうしてもスムーズにコードチェンジができないことって

ありますよね?

 

そういう部分をよく観察すると、特定のコードの間の動きで

つっかえてしまっていることが分かります。

 

例えば、GからEm。

 

よく出てくるコード進行だし、二つともそんなに複雑なコードでもないのに、

この移動がなかなかうまく行かないことが多いのです。

 

そんなときの解決方法は、実は1つではありません

 

ちょっとでも楽に、スムーズにチェンジできる方法を選べば、音色もきれいに出せます。

 

解決方法を解説していますので、よかったら見てみてください。

 

 

より詳しく習ってみたい方は、こはるウクレレ教室へ!

 

 

 

こどもウクレレDVDですぐ弾ける!

  • 2019.04.12 Friday
  • 10:04

JUGEMテーマ:ウクレレ

 

こどもが「ウクレレを弾いてみたい」、と言ったらどうしますか?

 

ウクレレをまず買ってあげました。

「さあ、弾いてみなさい」

と言っても、まともに音が出ないし、なんだか変だなあと思ってそのまま放置。

結局はオブジェとして部屋の片隅に飾られたままになることも、よくありますよね。

 

それはもったいない!!

 

ウクレレは、弦楽器なので、弾く前にまずチューニングが必要です。

ところが、このチューニングが、案外難しい!

ここで挫折してしまう方が結構多いのです。

お子様の場合は、何も習わない状態で自分で行うのはまず無理でしょう。

 

そこで、せっかく「弾いてみたい」と思った気持ちが萎えてしまっては

残念ですよね。

 

言葉で説明を受けるより、映像で見る方が分かりやすい、

でも、子供向けに映像で説明されたものが、今までありませんでした。

 

そこで、作られたのが、このDVD。

小学校低学年のこどもでも、理解できるように作られています。

 

せっかく手に入れたウクレレを無駄にしないために、

ぜひこのDVDを見せてあげてください。

 

教室に習いに行って1レッスン受けるより、コスパ良し!

60分近い内容で、基本コードが弾けるようになります。

小学生 ウクレレなかよしパーティ2018春

  • 2018.04.23 Monday
  • 09:26

こはるウクレレ教室では、定期的に

小学生の交流会&プチ発表会「なかよしパーティ」を開催しています

 

発表する場があると、練習にも力がはいります。

 

緊張していた子供たちも、終わったあとは「楽しかった」と笑顔です。

 

 

 

 

教室 Q & A集 よくあるご質問

  • 2018.02.12 Monday
  • 16:39

それぞれの質問文をクリックすると、回答のページが開きます

 

Q.ウクレレを持っていないし、楽器の経験もなく、楽譜も読めませんが、大丈夫でしょうか?

 

Q.自分の年齢が気になって、入会をためらってしまいます。周りの方の足を引っ張ると申し訳なく感じます。

 

Q.今まで他のウクレレ教室で習っていたけれど、大勢でコードを弾いて歌うだけで、自分がうまくなっているかどうか分からないのですが…

 

Q.大手音楽教室に通ってきたけれど、テキストに基づいた簡単な練習曲ばかりで、数カ月通っていてもあまり進歩がなく物足りない。もっといろいろな曲を弾きたいのですが。

 

Q.TAB譜を使ってソロウクレレを習ってきたけれど、全く曲を覚えることができない。

 

Q.自作の曲をウクレレで演奏したくても、どうまとめてよいか分からないのですが。

 

Q.せっかくウクレレを練習するのだから、いろいろな演奏の場を持ってみたい。

 

Q.子供と一緒に習えますか?

 

Q.乳幼児を同伴して受講することはできますか?

 

Q.決まった曜日、時間に受講するのが難しいのですが…

 

Q.レッスンを欠席する場合はどうなりますか?

 

Q.入会と退会の際にかかる費用はありますか?

 

Q.ウクレレを持っていないし、楽器の経験もなく、楽譜も読めませんが、大丈夫でしょうか?

  • 2018.02.12 Monday
  • 16:27

A.はい。こはるウクレレ教室では初めての方を歓迎しています。

新規入会者のうち、多くの方がまったく音楽経験のない方です。

体験レッスンの際は、ウクレレは無料でお貸しします。

その後、レッスンを続ける場合は、ウクレレを各自でご用意いただきます。

ウクレレの購入については、サイズや素材など選び方のご相談に乗りますし、

こはるウクレレ教室の受講生への優遇がある楽器店をご紹介することもできます。

楽器の経験がなかったり、楽譜を読めなかったりしても、レッスンを通して

少しずつ音楽の基礎を覚えていけます。クラスの定員は最大9名で、

少人数で細やかなご指導を心掛けております。

初めから他の生徒さんと同じようにするのが難しくても、ご自宅でレッスンの復習してくことで、

3か月から半年ほどで追いついていけます。

Q.自分の年齢が気になって、入会をためらってしまいます。周りの方の足を引っ張ると申し訳なく感じます。

  • 2018.02.12 Monday
  • 16:26

A.こはるウクレレ教室には、小学生から80代半ばまでの生徒さんが通っています。

グループレッスンでは、クラスによって、年齢性別などまちまちなので、

同世代の方が多いクラスなど、ご希望のクラスをご相談くださればと思います。

足を引っ張ってしまうかも、というご心配は無用です。グループレッスンには、

常にご新規の入会者様がいらっしゃります。誰もが最初は初心者ですので、

他の生徒さんたちも温かく歓迎してくれています。講師は、初心者の方には、

皆と同じ練習内容ではなく、少しずつできる範囲で弾けるように指導して参ります。

初めは周りの生徒さんに遠く追いつかないように感じるかもしれませんが、

ご自宅でレッスンの復習を続けていただければ、3ヶ月から半年で、クラスに馴染んできます。

最初からグループに入ることが不安な場合は、個人レッスンを数回受けて、

基礎を学んでからグループに移ることもできます。

ずっとマイペースで続けたい、という場合は、個人レッスンをお勧めします。

生徒さんのご希望に合わせた内容で、リラックスして演奏できるようなレッスンを心掛けています。

Q.今まで他のウクレレ教室で習っていたけれど、大勢でコードを弾いて歌うだけで、自分がうまくなっているかどうか分からないのですが…

  • 2018.02.12 Monday
  • 16:24

A.こはるウクレレ教室では、1クラスの定員は最大9名。分からないことがある時は、

近い距離でご質問いただけますし、講師が必要に応じて一人一人の側でご指導します。

分からないまま大勢の中で習い続けるより、少人数の教室の方が上達への近道になります。

また、コードをある程度覚えている方については、さらに1段階進んで、メロディを弾いたり、

ウクレレソロを弾いたりするクラスに入っても理解が早いことが多くあります。

メロディやソロの演奏で、ウクレレの新たな楽しさを見つけていただけます。

ベーシッククラス、マイペースクラス、エンジョイクラス、ママズウクレレ、平川冽のソロウクレレ、の各クラスでメロディやソロを学べます。

 

コードを弾きながら歌う、「弾き語り」をもう少ししっかり習いたい方には「大人女子のウクレレ弾き語り」や「英語とウクレレHappy Times」のクラスがお勧めです。

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM